イメージ画像

探偵に不必要な要素

探偵に憧れを持ち「探偵を職業」としたいと考え、探偵学校に高額な授業料を支払い、探偵として最低限必要な技術を学び卒業後に探偵事務所に所属する。

この時点で探偵として一人前であるか?答えはNOでしょう。

実務経験を数多くこなし、現存する多くの交通手段に精通し、社会性を身に着けて初めて依頼人とお話しが出来るレベルになることから、考えられる最も短期間での探偵として起業の流れが上記のよう流れと言えるでしょう。

探偵学校を卒業後に自身で探偵事務所を起業する方も存在すると聞きますが調査依頼する側からは「遠慮したい探偵」と判断されることでしょう。

何故?依頼を遠慮したいか答えは簡単で「頼れない探偵」だからなのです。

探偵として撮影や現場での技術があったとしても「ご依頼者の方向性をアドバイスできる経験値」が乏しい探偵は頼れないとはっきり言えるのです。

方向性がアドバイスできないということは「探偵が実施する調査の方向性も定まらない」とも言えるため無駄な調査等も多くなりがちになってしまうものです。

このような未熟な探偵は口をそろえてこう言葉にします「ハッタリで乗り切ってしまえば良い」。

確かにハッタリが通用することもあるかもしれません。

しかし、本当のところは依頼人や相談者に「見透かされている」と言えるでしょう。

世の中はそんなに甘くありませんから「経験の少ない人物の言葉は届かない」と言えるのです。

ですから探偵に一番不必要な要素がこの「ハッタリ」と言えます。

まず、調査現場でハッタリは全く通用しません。

仕事が出来る探偵が1時間も同行すれば「その人物の探偵としての力量」は見透かされてしまいます。

当然、ハッタリは全く通用しません。

どのような仕事でも判断力は経験から左右されると言えますから、探偵として初歩の調査である内偵等の聞き込みや裏付け調査に関しても「一人で判断し必要な情報が

多く得られる調査の方向性を見極める」ことが求められるのです。

このような比較的簡単な調査であっても「一人で指針を判断し決定する」にはある程度の経験値が必要となるものです。

このような場面でも「ハッタリが通用しない」ことがご理解頂けることでしょう。

優良な探偵として存在して行くためには「ご依頼者やご相談者に対して誠実」でなければなりません。

探偵の経験値が低く、相談や依頼に対してハッタリが多いという状況は「不誠実な業務が多い」とも言い換えられます。

ですから理解が出来ない事や困難な調査を相談されても正直に向き合うことが重要に思えるのです。

探偵として初歩の初歩である業務に「調査現場の下見」があります。主に下記のような事項を重んじて「どのような調査が可能であるか?」判断材料となる業務と言えることでしょう。

㈰調査対象が居住する建物(立ち回り先の建物)の出入り口が何ヶ所存在するのか?

㈪最寄り駅やバス停までの距離や所要時間はどの程度か?

㈫移動手段の確認。自転車・バイク・自動車は存在するのか?

㈬在宅確認の判断が可能な住居(立ち回り先)であるか?

㈭根本的に張り込みが可能な場所であるか?

この5つの要素はどのような調査現場の下見に行っても把握し説明できるような状況になければなりません。

探偵としての初めの一歩とも言える基本的な業務ですが「探偵としての現場経験が少ない人物」に下見をすると「どこかが抜けて答えられない」が現実です。

もし、探偵の現場調査に基本が存在するならば上記5つは極めて重要なポイントであり基本とも言えます。

ベテランと呼ばれる探偵ならば見落とすことが少ない5つのポイントです。

当然ですが「基本的なミスを防止」するために必ず必要となる確認ポイントとも重複するため「探偵の基本」としてどこの探偵学校や探偵事務所の人材育成にも当たり前に存在する重要事項と言えることでしょう。

このページの先頭へ